日常生活やスポーツをする中でよくあるケガの一つが「突き指」です。突き指には脱臼や骨折といった大きなケガが潜んでいることもあります。痛みを長引かせないためには、早めに治療・施術を受けることが大切といえます。

突き指の治療

「突き指」は、指の先に強い衝撃を受けることによる負傷です。運動中に突き指をすることが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。突き指をすると、じんじんとした痛みに続いて、指が曲がらなくなるほど腫れ上がったり、曲がったまま動かすことが困難になったりします。これは指の靭帯や腱、筋といった軟部の損傷によって起こります。

突き指はケガの中では比較的症状が軽いため、医療機関ではしばしば軽視される傾向にあります。そのためレントゲンや診察で異常が見られない場合、湿布の処方のみで治療が終了してしまう場合もあります。目に見えない痛みや違和感は、なかなか相手に伝わりにくいものです。整骨院などでは、そんな痛みに対して早期回復はもちろん、スポーツ選手であればケガが治ったその後、より早く競技復帰ができるようサポートしてくれます。

突き指をしたら、何をするべきか

「突き指」は正式な医学用語ではなく、靭帯や腱、筋といった軟部の損傷全般を指します。「突き指」は捻挫や打撲といった比較的軽いものから、指の関節の脱臼や骨折、腱や靭帯の断裂まで含まれます。したがって、突き指をしたときは自己判断をせず、速やかに医療機関や整骨院で診断を受ける必要があります。まずは患部をよく冷やして安静にすることが重要です。患部が動かないようテーピングや添え木で固定し、突き指した箇所を心臓より高く上げることで炎症や内出血を抑えましょう。

もし突き指と思われる症状でレントゲンの撮影が必要となった場合は、医療機関等で診察を受けましょう。レントゲンの結果、骨に異常がないことが分かれば、患部を冷やして炎症や熱感を抑えた後、テーピングや包帯、ギプスで固定して安静にします。ギプスやテーピングを使うことで痛めた関節や筋肉が固定され、動かすことによって患部に生じる痛みや負担の軽減が目的です。また圧迫することで内出血も抑えられるため、早期回復を促します。このような施術を行い、症状が緩和した後はサポーターなどを用いて再発防止に努めます。

早めに信頼のおける、整骨院などを選定しましょう。患部のチェックをしてもらいどんな症状かを見極めて、痛み・症状を緩和していくことをオススメいたします。整骨院での突き指の施術は、人間が本来持っている自然治癒力を最大限引き出すための施術方法で対処してくれます。