骨盤の歪みや骨盤矯正に興味を持っている方は非常に多く、また、産後の骨盤の痛みに悩む方や、産後の骨盤の歪みや広がりに不安を感じてる方も多くいます。

骨盤の痛みとは?

骨盤の痛みは、骨盤(仙腸関節)の捻挫「靭帯の損傷」「関節の損傷」を指します。
骨盤の構造から、骨盤の痛みになる過程を説明していきましょう。

1.骨盤の痛みと骨盤の構造

骨盤は体幹と二本の脚を結ぶ土台となる重要な場所で、仙骨と左右の腸骨(と恥骨・坐骨)が集まり構成しています。
骨盤の痛みや骨盤のゆがみは主にこの仙腸関節でおこります。

2.骨盤の痛みと腰の機能

上半身と下半身を結ぶ骨盤・仙腸関節には非常に強靭な靭帯で結ばれています。この骨盤の補強がしっかりされていることで、骨盤が安定して身体を動かしたり支えたりすることができています。

3.骨盤の痛みの発症

常に偏った体重などが加わり続けると仙腸関節に捻れや傾きが生まれ、骨盤の痛みや骨盤のゆがみになって行きます。
骨盤のゆがみや骨盤の痛みの原因は、姿勢や座り方や体重のかけ方などさまざまです。

・椅子に座るときに足を組む
・横座りや正座を崩して座る
・偏った体勢で座っている
・いつも同じ足に体重をかけて立つ

仙腸関節に偏った捻じれや傾きが加わり続け、やがて骨盤の歪みとなり骨盤の歪みは関節の運動軸を変えることで骨盤の関節や靭帯や筋肉に負担をかけます。

4.産後の身体と骨盤の痛み

女性ホルモンの働きの一つに「関節を柔らかくさせる作用」があるとされています。授乳が終わるまでは女性ホルモンの分泌量が多いので、骨盤の歪みや骨盤の痛みが出る可能性が高まる時期となるのです。

骨盤の痛みの治療

痛みの症状・重症度に合わせて行うのが重要です。骨盤の痛みの症状改善に必要な治療方法を組み合わせて、無理ない治療を心がけましょう。

1.骨盤の痛みの重症度(小)

炎症反応が少ないので、早期から筋肉や骨格のコンディションを整えていきます。
筋肉はマッサージでほぐしながら筋緊張の緩和・血行促進を図り、背骨のカーブや骨盤の歪みを矯正していく。

2.骨盤の痛みの重症度(中)

炎症反応が大きいで、早期は患部に負担をかけることなく周囲の筋肉や骨格へアプローチをかけていきます。
この時、患部には消炎鎮痛処置や固定による安静化を図り、まず炎症反応の消失が治療の目標となります。
その後、炎症反応が消えた後に筋肉や骨格のコンディションを整えていき、骨盤の痛みの症状を改善していきます。

3.骨盤の痛みの重症度(大)

炎症反応、特に患部の腫れが大きいで、満足にベッドに寝ることもままなりません。
横向きなど負担のかからない姿勢での骨盤矯正などのアプローチとなります。
患部の腫れが大きいと、まず腫れの軽減が目的となり、腫れが減ってから骨盤の痛みの治療が始まります。

こんな症状は要注意

座っていて骨盤がしっくりこない。
→骨盤ゆがみの可能性

立っていて脚の長さが違う気がする。
→骨盤ゆがみの可能性

ズボンの裾上げで脚の長さが違った。
→骨盤ゆがみは骨盤の痛みとなります

歩いていてスカートがまわってしまう。
→骨盤のゆがみは骨盤の痛みとなります

出産後から以前になかった骨盤の痛みがある。
→矯正が必要です

座った時・立ち上がる時に骨盤が痛い。
→矯正が必要です

もし、上記のような骨盤の痛みの症状を感じたら早めに骨盤矯正をはじめとした治療をしていきましょう。